アレルギーの症状

猫のアレルギーが症状として現れるのは、目、鼻、喉、皮膚などが挙げられます。中でも皮膚に出るアレルギーは体毛のせいで商機症状を見逃してしまう場合が多く、どういった症状が起きるのかを知っておかないと症状に気付かないまま悪化させてしまうという事にもなりかねません。皮膚に出るアレルギー症状はかゆみや発疹などで、猫が頻繁に体を舐めていたり、毛が薄くなるほど毛づくろいをしている時にはアレルギー症状が出ていないか確かめてみましょう。放っておくと皮膚炎が悪化して皮膚そのものを傷つけてしまう事もあるので注意が必要です。

また、分かりやすいアレルギー症状としては猫の呼吸に現れるものが挙げられます。猫の呼吸が極端に浅くなっていたり、何度もくしゃみを繰り返す場合はアレルギー症状だけでなく体調不良そのものを疑う基準にもなるでしょう。食物アレルギーの場合は下痢や嘔吐といった症状を起こす事もありますが、猫は定期的に嘔吐する生き物ですので嘔吐していたとしてもあまり気にしない飼い主が多いですから、嘔吐もアレルギー症状のひとつであり、頻繁にするようであれば注意する必要があります。

猫のアレルギー症状で恐ろしいのは、皮膚炎など初期症状のうちは体毛で隠れてしまって見えにくい場所に起きる症状です。わからないまま放っておくと悪化してしまう危険が高い症状ですから、猫のアレルギー症状をきちんと知っておき、早い段階で獣医に相談できるようにしておくのがおすすめです。