フードを選ぶポイント

猫がアレルギーを起こす原因はノミなどもありますが、やはり一番起こりやすい原因としては食物アレルギーが挙げられるでしょう。普段から口にするエサだからこそ、アレルギーが起きた時に早めに対処しておかないと猫がエサを食べなくなってしまったり、症状が悪化する原因にもなりかねません。アレルゲンが含まれるフードなどを食べ続ける事でアレルギーが発症してしまうので、もしアレルギー症状が起きた時には早い段階でアレルゲンを特定しなくてはいけません。

アレルゲンの特定ができれば、キャットフードを購入する段階でアレルゲンの含まれていないフードを購入する事ができます。近年ではキャットフードの包装などわかりやすい部分に成分表が載っていますので、それを見てアレルゲン物質が含まれていないかを確認する事が重要です。また、アレルギーを起こしやすい添加物などが含まれていない無添加のキャットフードも販売されており、アレルゲンが良く分からないという場合はこちらのフードを選ぶのも良いでしょう。

猫の食物アレルギーは普段の食事に気を付けるだけで十分に防いであげる事ができるものです。獣医に相談してアレルゲンを特定し、キャットフードの成分表を見てアレルゲンが入っていないフードを選ぶだけで、猫に健康な生活を送らせてあげる事ができます。飼い主の責任として、キャットフードをきちんと選んであげる事は重要な仕事だと言えるでしょう。


アレルギーの症状

猫のアレルギーが症状として現れるのは、目、鼻、喉、皮膚などが挙げられます。中でも皮膚に出るアレルギーは体毛のせいで商機症状を見逃してしまう場合が多く、どういった症状が起きるのかを知っておかないと症状に気付かないまま悪化させてしまうという事にもなりかねません。皮膚に出るアレルギー症状はかゆみや発疹などで、猫が頻繁に体を舐めていたり、毛が薄くなるほど毛づくろいをしている時にはアレルギー症状が出ていないか確かめてみましょう。放っておくと皮膚炎が悪化して皮膚そのものを傷つけてしまう事もあるので注意が必要です。

また、分かりやすいアレルギー症状としては猫の呼吸に現れるものが挙げられます。猫の呼吸が極端に浅くなっていたり、何度もくしゃみを繰り返す場合はアレルギー症状だけでなく体調不良そのものを疑う基準にもなるでしょう。食物アレルギーの場合は下痢や嘔吐といった症状を起こす事もありますが、猫は定期的に嘔吐する生き物ですので嘔吐していたとしてもあまり気にしない飼い主が多いですから、嘔吐もアレルギー症状のひとつであり、頻繁にするようであれば注意する必要があります。

猫のアレルギー症状で恐ろしいのは、皮膚炎など初期症状のうちは体毛で隠れてしまって見えにくい場所に起きる症状です。わからないまま放っておくと悪化してしまう危険が高い症状ですから、猫のアレルギー症状をきちんと知っておき、早い段階で獣医に相談できるようにしておくのがおすすめです。


猫のアレルギーとは

猫を飼っている人の中には、キャットフードなどのエサをあげたら猫がアレルギー症状を起こしてしまったという経験がある人もいるでしょう。猫も人間と同じように食物アレルギーやノミ・ダニでのアレルギーを起こすことがあり、原因を知らずにいる例えば皮膚炎などが悪化して脱毛症になってしまったり、エサを食べる事ができなくなるなど深刻な事態になってしまう危険もあります。飼っている猫が健康に生活するためには、飼い主がきちんとエサの管理や健康状態の把握をしてあげなくてはいけません。

猫のアレルギー症状は、人間のように目や鼻、喉、皮膚などの場所に現れます。しかし症状の中には見ただけで判断するのが難しい症状もあり、アレルギー症状が起きているのに気づかないという事も少なくありません。アレルギー症状は放っておくと悪化して命に関わるようになってしまう危険もありますから、早めに気づいてあげられるようにどのようなアレルギー症状があり、アレルゲンとなる物質にはどのような物があるのかを知っておく必要があります。またアレルゲンなどを知っておけば、キャットフードを選ぶ時にアレルゲンを含まないフードを選んであげられますから、そういった意味でも知っておくべき情報と言えるでしょう。

当サイトでは猫アレルギーの症状がどういったものか、どのようなアレルゲンで引き起こされるのか、キャットフードを選ぶ時に注意すべきポイントなどについて簡単な解説をしていきます。飼っている猫が健康的に長生きできるように、飼い主が猫の健康を考えるためのきっかけとなれれば幸いです。