フードを選ぶポイント

猫がアレルギーを起こす原因はノミなどもありますが、やはり一番起こりやすい原因としては食物アレルギーが挙げられるでしょう。普段から口にするエサだからこそ、アレルギーが起きた時に早めに対処しておかないと猫がエサを食べなくなってしまったり、症状が悪化する原因にもなりかねません。アレルゲンが含まれるフードなどを食べ続ける事でアレルギーが発症してしまうので、もしアレルギー症状が起きた時には早い段階でアレルゲンを特定しなくてはいけません。

アレルゲンの特定ができれば、キャットフードを購入する段階でアレルゲンの含まれていないフードを購入する事ができます。近年ではキャットフードの包装などわかりやすい部分に成分表が載っていますので、それを見てアレルゲン物質が含まれていないかを確認する事が重要です。また、アレルギーを起こしやすい添加物などが含まれていない無添加のキャットフードも販売されており、アレルゲンが良く分からないという場合はこちらのフードを選ぶのも良いでしょう。

猫の食物アレルギーは普段の食事に気を付けるだけで十分に防いであげる事ができるものです。獣医に相談してアレルゲンを特定し、キャットフードの成分表を見てアレルゲンが入っていないフードを選ぶだけで、猫に健康な生活を送らせてあげる事ができます。飼い主の責任として、キャットフードをきちんと選んであげる事は重要な仕事だと言えるでしょう。